TEL
03-3855-7077

〒121-0831
東京都足立区舎人1丁目11-10
クリニックステーション舎人 1F
※竹ノ塚・見沼代親水公園駅方面からはバスもご利用いただけます。

駐車場完備

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症

眼球をカメラに例えるとフィルムにあたる網膜は、はりめぐらされた細い血管(毛細血管)により栄養を補給され、その働きが保たれています。
糖尿病の患者様の血液は、糖が多く固まりやすい状態になっているので、網膜の毛細血管を詰まらせたり、血管の壁に負担をかけて眼底出血をしたりします。
そのため、網膜の血流や栄養状態が悪くなってしまい、糖尿病網膜症の原因となるのです。
糖尿病網膜症は、網膜の状態などから進行の段階が3つに分けられます。

《糖尿病網膜症の進行段階》

糖尿病網膜症の進行段階糖尿病網膜症の進行段階(スマホ用)

糖尿病網膜症の治療

レーザー治療
網膜にレーザーを照射して、糖尿病網膜症の勢いを弱めるために行います。
抗VEGF硝子体内注射、ステロイド薬硝子体内注射
黄斑浮腫がある場合に行い、網膜の中心部のむくみを抑えます。
抗VEGF硝子体内注射の詳細ページはこちら
硝子体手術
糖尿病網膜症が進行していて、レーザー治療や硝子体内注射では治療が追いつかない場合に行います。
硝子体手術の詳細ページはこちら

とねり眼科では、①レーザー治療、②抗VEGF硝子体内注射、ステロイド薬硝子体内注射、③硝子体手術を行っています。

糖尿病網膜症で失明しないためには

糖尿病網膜症は、日本国内で失明を含めた視覚障害の原因の第2位となっています。

糖尿病と言われたら、必ず眼科で検査を受けてください。
自覚症状では目の状態はわかりません。
定期的に眼科の検査を受けましょう。
自覚症状が出てからでは、糖尿病網膜症がかなり進行していることも少なくありません。